復興特別所得税について

先日、帰宅すると郵便局からの不在通知が。
差出人は税務署からでした。しかも簡易書留。3月に確定申告をしていたので、何事かと思いました。
すると『あたなの出した書類に申告漏れがある』というメッセージと共に訂正計算書が同封されていました。

確認してみると、「復興特別所得税額」の記載漏れがあるというのです。
そういえば確定申告の書類を作成する際、その項目は目についた記憶があります。
でもよく読まずに、てっきり「震災の被害を受けた人は特別免除される」という趣旨の項目と思い込んでいました。

なので、私には関係ないものとしてその欄に関する記載は飛ばしていました。
『調査の結果、基準所得税額に2.1%の税率を乗じて計算した金額』ということで△891円の誤差が生じるというのです。
そういうことかぁ…と一安心しました。なんだか大げさですね。

【不服申し立てについて】という書類も添付されていましたが、もちろん不服はなく、計算された通りで振込みされるのを待つのみです。
確定申告に関しては、ネットで自動計算する方法もありますが、この5年間、手書きで書類を作成しています。
昨年は【基礎控除】の380,000を計算するのを忘れ、自分で気付いたので、書類を再提出しました。

面倒ではありますが、そういうやりとりをして納税の仕組みを理解することもできるので、意外と確定申告は嫌いではありません。
もしかするといずれ個人事業主として仕事をするかもしれないので、面倒なことにも慣れておかないと!と思っています。

http://www.nfl-ok.com/

1085